国内 日本を伝える(三)~端午の節句

  「日本を伝える(三)~端午の節句」
開催日時 2014年4月27日(日)
場  所 奈良市指定文化財 追分本陣(奈良市大和田町1912番地)
内 容
  • 「端午の節句の慣」 日本文化研究所 なら 理事長 勝部 月子
  • 琴の演奏 中村 裕子 氏
  • 笙の演奏 井原 季子 氏
  • 交流会 お餅つき
伝えたい日本の年中行事のひとつである「端午の節句」を祝いました。武者人形を玄関間と上段の間に2体飾り、 軒には邪気を祓うとされる菖蒲と蓬を吊るして行事を執り行いました。
端午の節句のいわれを話していくことから、この節句がもとは農業に関わる祓いの行事であり、 後に子供の成長を祈る行事となったことを話しました。
留学生も多く、着物を着る体験も提供して着物に触れる好機となったと考えられます。
食で言えは、家が栄えるといはれる柏餅を頂き、琴(中村裕子氏)と笙(井原季子氏)の演奏を鑑賞しました。 また、時期ではありませんでしたが、餅つき体験の希望があり、皆で蓬餅などを作って楽しみました。

 

日本を伝える(三)~端午の節句