出前授業(海外)

  第四回 ベトナム出前授業「奈良から日本文化をはこぶ」
開催日 2014年3月17日(月)、18日(火)
場 所
  • ホン・バン国際大学
  • (HONG BANG UNIVERSITY INTERNATIONAL) ベトナム・ホーチミン市
  • ホーチミン市師範大学
  • (MINISTRY OF EDUCATION AND TRAINING HCMC UNIVERSITY OF PEDAGOGY) ベトナム・ホーチミン市
内 容
    Ⅰ.第一部
  • 当研究所理事長 勝部月子 講義『日本の年中行事 「日本のお正月」』
  • ホン・バン国際大学学生発表  「ベトナムのお正月」
  • ホーチミン市師範大学学生発表 「ベトナムのお正月」
  • 江木淳人(帝塚山大学院生)発表「いけばなと日本の民俗」・いけばなの実演
  • Ⅱ.第二部
  • 出前授業:体験授業  ―正月の遊び「いろはがるた」・かるたの作成―
  • 高橋寛子 「いろはがるた」解説
  • 体験「いろはがるた」トーナメントー・「いろはがるた」作成
  • Ⅱ.第三部
  • 交流会:日本語に親しむ ―もっと日本語に触れたい人のために―
  • 昼食を共にしながら日本語での会話
  • 日本語会話を交わしながら市内を散策
今回は4回目のベトナム・ホーチミン市の大学への出前授業となりました。テーマを「日本のお正月」に設定し、日本からお正月の民具(注連縄・鏡餅・破魔矢・羽子板・年賀状など)を持参して、 実際に触れることができるよう工夫をしました。また、プロジェクターを使いながら日本のお正月の習慣について日本人の心(信仰)を正月飾りや衣食住中心に講義をしました。
    今回は新しい試みとして、現地のホン・バン国際大学とホーチミン市師範大学の学生さんたちにも同じテーマでベトナムのお正月について発表していただきました。この試みは、一方的な日本文化の紹介に 終わるのではなく、現地の若者も自分たちの文化を見つめることから、日本の文化への理解に繋げてほしいと願っているからです。学生さんたちの熱心な発表は、私たちを大いに刺激するものであり、 ベトナムの文化を知る好機となりました。
この他、「いろはがるた」を使ってのカルタ取り遊びの体験授業をしました。私たちにも難解ないろはがるたであるが理解が早く、ベトナムでも同じようなことわざがあると共感する場面もあって、     和気あいあいとした雰囲気の中で出前授業は進みました。その他今回は、帝塚山大学大学院博士後期課程の江木淳人さんが、専攻している民俗学から「いけばなと日本の民俗」の題で発表し、 特技のいけばなを現地の花を使って披露し現地の学生たちと交流しました。また同じく帝塚山大学4回生の樋口直哉さんと小山聡樹さん2人は前回もこの出前授業に参加して2度目のホーチミン訪問となりました。 親しくなった現地の学生も多く、出前授業第三部の日本語に親しむ(懇親会)のリーダーとして活躍してくれました。
私たちのこうした活動に若者の参加は大変力になります。また、こうした活動で成長していく彼らを応援していきたいと思っている。たくさんの若者の参加があることを願っています。

第四回 ベトナム出前授業「奈良から日本文化をはこぶ」